光脱毛の種類と仕組み

脱毛方法には多くの種類があります。
自己処理とプロによる脱毛、プロの脱毛の中にも、脱毛サロンやエステサロンが行う脱毛と医療機関が行う脱毛があります。
プロが行う脱毛方法の中でも法律で医療機関しか認められていな脱毛法がレーザー式脱毛です。
脱毛サロンやエステサロンで行われる脱毛にはニードル脱毛や光脱毛があります。

ニードル脱毛は毛穴一本一本に細い針を刺して毛根を破壊する方法です。
この方法は、施術者の技術や個人の肌の質、毛の質、毛の数などによって痛みや仕上がりの差が大きくとりわけ痛みが強いことで最近は主流の方法ではなくなっています。

現在、脱毛サロンやエステサロンで行われている脱毛法の主流は光脱毛です。
実はレーザー脱毛も本質的には光脱毛の一種なのです。
レーザー脱毛の場合には、一種類の光線で毛穴一本一本に集中的に照射し、毛根を破壊します。
そのため、肌に対する負担が大きく痛みも一般的な光脱毛より強いので医療機関のみに施術許可が与えられています。

一般的に言われる光脱毛は、レーザー脱毛とはちがって、複数の光線を組みあわせて、光照射部分が広範囲になります。
一本一本の毛穴を強力に狙い撃ちにするのがレーザー脱毛で、光脱毛は一定の範囲の毛穴に穏やかにダメージを与えるのです。
痛みも緩やかで肌に対する負担も穏やかです。
ただその分、脱毛効果も穏やかなので脱毛回数は増えることになります。
個人の肌質や痛みの感じ方などで、どの脱毛方法が自分に適しているのかを判断します。

脱毛サロンやエステサロンで行われる光脱毛にも、いくつかの種類があります。
光脱毛は別名をフラッシュ脱毛とも言います。
光脱毛にもIPL脱毛とSSC脱毛があります。
それぞれの脱もの仕組みを知っておくと自分にふさわしい脱毛方法が選びやすくなります。



▽SPECIAL LINK
大阪にある脱毛エステのサイトです。痛みが少ない次世代機を導入しています → → 大阪 脱毛エステ